My Austria Bucket List

モーツァルトが暮らしたアパートを訪ねる

Wien

11

モーツァルトが暮らしたアパートを訪ねる

モーツァルトハウス・ヴィエナ

ウィーン

音楽の都、ウィーン。中世ヨーロッパの中心として栄え、18世紀以降はハプスブルク家の庇護のもと、多くの音楽家が活躍しました。ザルツブルク出身の若き人気作曲家モーツァルトもその一人。「モーツァルトハウス・ヴィエナ(Mozarthaus Vienna)」は、1784年から2年半のあいだ、モーツァルト一家が暮らしていたアパート。市内で数回引っ越しを重ねましたが、現存しているアパートはここだけ。傑作『フィガロの結婚』が作曲された場所として知られています。

現在は博物館になっていて、最上階からオーディオガイド(日本語あり)を聞きながら巡り、モーツァルトの遺品や直筆の楽譜などを見学。彼が寝起きした空間や友人や後援者、フリーメーソンとの関係、ギャンブル好きなど多方面から、一人の人間としてのモーツァルトに迫ります。

モーツァルトハウス・ヴィエナではコンサートも随時開催。また、モーツァルトが副楽長として勤務したシュテファン大聖堂(Stephansdom)のすぐそばにあるので、見学後はゆっくりと音楽の都を散策してみて。

※2021年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため運営が変更または中止となっている可能性があります。ご留意ください。
MAP WEBSITE
©️MHV Peters

こちらもオススメ