My Austria Bucket List

教会の礼拝堂で心を洗濯

34

教会の礼拝堂で心を洗濯

世界で最も有名なクリスマスソングの一つ「きよしこの夜」は、200年ほど前に、ザルツブルク(Salzburg)の郊外にあるオーベルンドルフ(Oberndorf)の教会で生まれました。オーストリア人にとって教会は、遥か昔から地元の人々が祈りを捧げ、心の拠り所として大切にしている場所。どんなに賑やかな都市でも、外れにある小さな町でも、その街の一番中心に必ず教会があります。バロックやネオ・ゴシックなどさまざまな様式の建築美を楽しめるのはもちろん、礼拝堂の椅子に腰掛けて一息つくと、清らかな空気に心が洗われるような感覚に。ミサや結婚式、お葬式などが行われている時以外は自由に入ることができるので、旅の途中に立ち寄ってみて。

©Austrian National Tourist Office/ Josef Mallaun

こちらもオススメ