My Austria Bucket List

オーストリアが舞台になった映画を観る

38

オーストリアが舞台になった映画を観る

歴史的建造物が美しい街並みから、アルプスの大自然まで。バラエティ豊かな表情を持つオーストリアは、映画の撮影地としてたびたびスクリーンに登場します。代表的なのは、不朽のミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』、電車の中で出会った男女がウィーンで恋に落ちる『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離<ディスタンス>』、ウィーン楽友協会のコンサートホールでロケが行われた邦画『のだめカンタービレ 最終楽章』など。他にも『第三の男』、『007スペクター』、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』、『エゴン・シーレ 死と乙女』、『黄金のアデーレ 名画の帰還』などなど。オーストリアが舞台となった映画を通して、街のイメージをふくらませてみたり、お気に入りのシーンの撮影場所を旅の目的地に追加したり。旅のインスピレーションを広げてみて。

©️Austrian National Tourist Office/ HO

こちらもオススメ