My Austria Bucket List

オーストリアっ子スタイルの挨拶をマスターする

40

オーストリアっ子スタイルの挨拶をマスターする

オーストリアの公用語はドイツ語。でも彼らが話すドイツ語の中には、オーストリア特有の表現がいくつかあるんです。なかでも必ず覚えておきたいのが「こんにちは」。普通ドイツ語では「グーテンターク(Guten Tag)」と言いますが、オーストリアの人々が交わすのは「Grüß Gott(グリュースゴット)」という挨拶。このフレーズにはもともと”神があなたに挨拶しますように”という意味があり、オーストリアがカトリックの国であるというバックグラウンドを感じさせます。また友達同士ならカジュアルに「Servus(セアヴス)」でもOK。ちなみに“ありがとう”は「ダンケ(Danke)」、“さようなら”は「アウフ・ヴィーダーシャウエン(Auf Wiederschauen)」。お店やレストランに入る時には「グリュースゴット!」と元気に声をかけてみて!きっと喜んでもらえるはず。

©️Graz Tourismus/ Gerald Plattner

こちらもオススメ