My Austria Bucket List

グロースグロックナー・アルプス山岳道路

Grossglockner

27

オーストリア最高峰で大自然に酔いしれる

カイザー・フランツ・ヨーゼフス・ヘーエ

グロースグロックナー・アルプス山岳道路

グロースグロックナー(Grossglockner)は、海抜3,798メートルを誇るオーストリアの最高峰。壮大なアルプスの自然の中を縫うように走るグロースグロックナー・アルプス山岳道路は、ヨーロッパで一番景色が美しい道路と称される世界中のドライバーやライダーの憧れ。ザルツブルク(Salzburg)の街からわずか100キロにも関わらず、想像を遥かに超えた絶景に出合うことができます。

周囲は国立公園になっていて、春には花々が咲き誇り、夏には広大な雪原や氷河の万年氷、可愛らしいマーモットやアルプスカモシカが旅人の心を躍らせます。

大自然の旅の目的地は、ハプスブルク帝国末期の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と皇妃エリザベートが訪れたことで知られる標高2,369メートルの展望台、カイザー・フランツ・ヨーゼフス・ヘーエ※(Kaiser-Franz-Josefs-Höhe)。8キロにも渡る壮大なパステルツェ氷河(Pasterze)が目の前に現れます。皇帝はこの場所に数時間とどまり、パステルツェ氷河の眺望をはじめ、グロースグロックナーの偉容に深い感銘を受けたとか。

オーストリア人に敬愛されているフランツ・ヨーゼフ1世。苦労人として知られる皇帝が妻と共にこの地で過ごした時間は、きっと穏やかで心洗われるひと時だったはず。あなたも忙しい日常からエスケープして、雄大な景色に包まれて。

※2021年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため運営が変更または中止となっている可能性があります。ご留意ください。
MAP WEBSITE

Grossglockner

28

アルプスの野生動物をウォッチング

グロースグロックナー・アルプス山岳道路

グロースグロックナー・アルプス山岳道路

オーストリア最高峰のグロースグロックナー(Grossglockner)は標高3,798m。初夏には高山植物たちが美しい花を咲かせ、グロースグロックナー・アルプス山岳道路(Grossglockner High Alpine Road)を鮮やかに彩ります。また、自由気ままにアルプスを駆け回る野生動物に出合えるのも、グロースグロックナーの特徴の一つ。

グロースグロックナーを含む1800平方キロにも及ぶ山岳地域と、その間に広がる渓谷や森林地帯は、動植物保護区であるホーエ・タウエルン国立公園(Nationalpark Hohe Tauern)となっていて、希少な野生動物が暮らしています。公園内をトレッキングしていると、至る所からマーモットの鳴き声が聞こえ、時にはファミリーで姿を見せてくれることも。運が良ければ、立派な角を持つアイベックスにも出合えます。

グロースグロックナー・アルプス山岳道路にあるショップでは、マーモットのぬいぐるみやスノーグローブが販売されているので、旅のお土産探しに立ち寄ろう。

※2021年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため運営が変更または中止となっている可能性があります。ご留意ください。
MAP WEBSITE

こちらもオススメ