My Austria Bucket List

レオポルド美術館

Wien

6

傑作『死と生』にかけたクリムトの想いを読み解く

レオポルド美術館

ウィーン

複数の美術館が集まるアートエリア「ミュージアムクォーター(Museumsquartier)」、通称「MQ」にある「レオポルド美術館(Leopold Museum)」は、美術愛好家のレオポルド夫妻が収集した19世紀末ウィーンの芸術作品を展示する私設美術館。画家エゴン・シーレの世界最大のコレクションを誇り、彼が敬愛したグスタフ・クリムトの作品も数多く所有しています。

注目は、グスタフ・クリムト晩年の傑作『死と生』。花畑のような場所で赤ん坊から少女、女性、老人、男性など人生で辿る姿の人々が身を寄せ合いまどろんでいます。そこに忍び寄るのは十字架をまとった死神。実は当初、背景は金色で描かれていました。金はクリムトの代名詞。しかしその後、5年の歳月を費やして背景を塗り替えたのです。そうまでしてクリムトが表現したかったものとは…?

“死を迎えるまで人間は人生を謳歌できる”、“死の気配を感じるからこそ、生きることは素晴らしい”など、いろんな見方ができる『死と生』。自分の目にどう映るのか、レオポルド美術館で確かめて。

館内には、ウィーン大学の講堂天井画としてクリムトが描いた朱色の女性が印象的な「医学」(展示はレプリカ)も展示。骸骨が描かれている今作は、医学そのものを否定していると大論議を巻き起した問題作です。19世紀末、芸術に対する概念を覆した彼が手がけた数々の作品もお見逃しなく。

※2021年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため運営が変更または中止となっている可能性があります。ご留意ください。
MAP WEBSITE

Wien

7

美とエロスの天才画家エゴン・シーレの作品に酔う

レオポルド美術館

ウィーン

巨匠グスタフ・クリムトと同じ時代を生きた若き画家エゴン・シーレ。背景はなく、人物のみを浮き上がらせるような作風を得意とした彼は、ウィーンでクリムトと出会い、親子のような友人関係を築きます。芸術的功績を模索するため、友人たちと「新たなる芸術団(Neukunstgruppe)」を結成し、リーダーを務めた野心家でもありました。

ヌードを描くことがタブーとされていた1900年代。この風潮に逆らうように、シーレは当時16歳だった妹や女性をモデルにヌードデッサンを描き、内面までも丸裸にしてしまうような個性的で生々しいエロティシズムを表現し続けました。のちに、敬愛するクリムトのモデルをしていた赤毛のヴァリに出会ったシーレは、彼女を運命のミューズとして名画を次々と発表。しかし、第一次世界大戦で徴兵された彼は、絵を描き続くことができる場を求め、ヴァリを捨て、中流階級の令嬢と結婚します。

破天荒な生き方のようにもみえますが、欲望や苦悩、孤独感を感じさせる自画像も多く残しています。我が子を身ごもった妻とともに流行していたスペイン風邪にかかり、妻が亡くなった3日後に28歳で息を引き取ったシーレ。壮絶な彼の人生は映画『エゴン・シーレ 死と乙女』にも描かれています。

衝動に駆られるままに画を描き続けたシーレ。世界最大のコレクションを誇るレオポルド美術館(Leopold Museum)で、その人生に触れてみては?また、レオポルド美術館の入場チケットにはシーレとクリムトの作品が印刷されているので、同じ作品を探してみるのもオススメです。

※2021年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため運営が変更または中止となっている可能性があります。ご留意ください。
MAP WEBSITE

Wien

8

景色がアートになる美術館でお気に入りのフォトスポットを探す

レオポルド美術館

ウィーン

装飾を極限までそぎ落とした外観が印象的なレオポルド美術館(Leopold Museum)。そのスタイリッシュな建築と天井の吹き抜けから光が降り注ぐ開放的なエントランスから、フォトスポットとしても人気を集めています。

特に多くの人が足を止める場所が、ウィーン美術史博物館(Kunsthistorisches Museum)を望む窓。まるで額縁の中の絵画のような景色は、他では見ることのできないレアスポットとなっています。館内には、このように周辺の景色を作品に見立てるようなレイアウトが点在。自然史博物館(Naturhistorisches Museum Wien)、王宮(Hofburg)がすぐそばにあるので、館内を巡っていると、ふとした瞬間に絶景に出会うことができます。

レオポルド美術館は、フラッシュなしでの撮影がOK。エゴン・シーレや彼が敬愛したグスタフ・クリムトの作品など、著名な画家たちの作品を写真に収めながら、SNS映えするポイントを見つけて歩いてみるのもいいかも。

※2021年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため運営が変更または中止となっている可能性があります。ご留意ください。
MAP WEBSITE

Wien

9

気持ちを豊かにしてくれるアートを人生にプラスする

レオポルド美術館

ウィーン

レオポルド美術館(Leopold Museum)を訪れたら、2階にあるミュージアムショップへ。エゴン・シーレやグスタフ・クリムトをはじめとするアーティストたちの画集はもちろん、展示品をモチーフとしたハイセンスなグッズが揃っています。インテリアにピッタリのアートフレームから、ネックレスなどの装飾品、スマホケースにメガネケースなど多彩なアイテムがズラリ。ちょっとしたお土産には、ポストカードやトートバッグが人気です。

アートをモチーフにしたアイテムは、他ではなかなか手に入らない貴重なもの。小さな置き物やアクセサリー、バッグなど、さりげなく目に映るくらいの存在でも、ふとした瞬間に気持ちを豊かにしてくれるはず。時代に彩りを添えてきたアーティストのエネルギーを、あなたの人生にトッピングしてみて。

※2021年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため運営が変更または中止となっている可能性があります。ご留意ください。
MAP WEBSITE

Wien

10

ウィーンのオシャレスポット!アートベンチ&ミュージアムカフェでくつろぐ

レオポルド美術館

ウィーン

バロック宮殿のような建物の奥に広がる「ミュージアムクオーター(Museumsquartier、通称“MQ”)」は、大規模な複合カルチャーエリア。レオポルド美術館(Leopold Museum)をはじめとするさまざまなエポックの建築が隣接し、ユニークな空間を作り出しています。24時間オープンの中庭には“エンツィ”(Enzis)の愛称で親しまれているモダンなベンチが。ウィーンっ子たちが自由なスタイルで寛いでいます。ちなみにエンツィの色は毎年異なります。何色のエンツィに出会えるかは、訪れてからのお楽しみ。

アートに敏感なウィーンっ子たちに人気のカフェは、レオポルド美術館内にある「カフェ・レオポルド(Café Leopold)」。美術館を訪れた人はもちろん、カフェだけを利用する人も多いおしゃれスポットです。木の温もりを感じられる店内のほか、MQを見渡せるテラス席も。夏季はMQの中庭にテーブルが並び、より開放感のある空間で食事やお酒が楽しめます。料理はアジア系とオーストリア系がメイン。ランチに寿司やカレーが登場することも。

MQにはアートに関連した雑貨などが揃うショップも。アート観賞の後ウィーンっ子たちのように自由なスタイルでエリアを満喫して。

※2021年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため運営が変更または中止となっている可能性があります。ご留意ください。
MAP WEBSITE

こちらもオススメ